TOP > フセハツのばね技術 > ばね用語 > ばね用語(辞典編) > ばね用語(辞典編)やらわ行

   Facebook.png Twitter..png YouTube.png

ばね用語(辞典編)やらわ行

ばね用語の辞典です。

 

ばねの基本用語や製造工程に関する用語、設計用語、力学用語、めっきや塗装などの表面処理に関連する用語も掲載しています。

 

 

参考文献

 「JIS B 0103 ばね用語」

 「六か国語ばね用語辞典」(日本規格協会)

 

 

>ばね用語(辞典編)目次

 

>ばね用語(英語編)目次

 

>あ行 >か行 >さ行 >た行 >な行 >は行 >ま行

 

 

ばね用語(辞典編) やらわ行の用語

 

焼入油 炭素鋼の焼入れに用いられる植物性油又は鉱物性油。一般には、鉱物性油に添加物を混ぜたものが多く、60~80℃が適当であるが、材質・形状などによっては90~120℃で行っている。
焼入応力 焼入れで生じる残留応力。焼入応力には、内外部の冷却時間的なズレに起因する熱応力と変態に伴う変態応力とがあり、一般に両者が組み合させて生じる。
焼入剤 焼入れを行うための冷却媒体。一般的には油が用いられるが、材質によって水、空気、溶融塩などが用いられる。
焼入性 鉄鋼を焼入れ硬化させる場合の焼きの入りやすさ。すなわち、焼きの入る深さと硬さの分布を支配する性能。
や  焼入れ  オーステナイト化温度から急冷して硬化させる処理。必ずしも硬化を目的とせず、単に急速に冷却する操作をいうこともある。
や  焼入れ温度  鋼などを焼入れするとき、焼入れ液に投入するときの品物の温度。
や  焼入れ炉 焼入れするための加熱炉。形式として連続式とバッチ式があり、電気炉、ガス炉、塩浴炉などが用いられる。
や  焼入れひずみ  鋼材や部品を焼入れしたときに発生する寸法変化、形状変化をいう。
や  焼入れ焼き戻し  オーステナイト化温度から急冷硬化させた後、変態又は析出を進行させて所定の性質及び状態を与えるために、A1点以下の適当な温度に再加熱、冷却する操作。
や  焼きなまし 

適当な温度に加熱し、その温度に保持した後、冷却する処理。その目的は、残留応力の除去、硬さの低下、被削性の向上、冷間加工性の改善、結晶組織の調整、所要の機械的、物理的又はその他の性質を得ることなどである。

>ばねの熱処理について

や  焼戻し  焼入れで生じさせた組織を、変態又は析出を進行させて安定な組織に近づけ、所要の性質及び状態を与えるために、A1点以下の適当な温度に加熱、冷却する処理。
焼戻し脆性 焼入れした鉄鋼をある焼戻し温度に保持した場合又は焼戻し温度から徐冷した場合、脆性破壊が生じやすくなる。
や  ヤング率  棒の断面に働く垂直応力と単位長さ当たりの伸び又は縮み(垂直ひずみ)との比。
ゆ  Uフック 

引張コイルばねの端部の一種で、U字形のフック。

>引きバネのフック

有限要素法 無限の自由度を有する連続体を離散化して有限の自由度を持つ要素に分割し、個々の要素を連立方程式に組み立てて全体の系を数値計算する方法。
有効スパン 板ばねのばね特性を計算する基礎になるスパンで、荷重支持点間の長さから胴締め部、Uボルト締付部などのばね作用をしない部分を除いたもの。
有効たわみ ばね特性を計算する基礎になるたわみ。
ゆ  有効巻数  コイルばねのばね定数の計算に用いる巻数。
溶融亜鉛めっき 

めっきしようとする対象物を溶融した亜鉛の中に浸して表面に亜鉛皮膜を作ること。

>ばねの表面処理

よ  溶融すずめっき 

めっきしようととする対象物を溶融したすずの中に浸して表面にすず被膜を作ること。

>ばねの表面処理

横荷重 ばねの通常使われる方向とは、直角の方向に加わる荷重。
横剛性 ばねの通常使われる方向とは、直角の方向からの荷重にたいする剛性。
よ  横弾性係数 

弾性限度内におけるせん断応力とせん断ひずみとの比。記号はG。単位記号はMPa又はN/mm2

>弾性係数について

よ  横方向荷重  コイルばねの中心線に対して直角の方向に入る荷重。
よ  横方向たわみ  コイルばねがガイド機構なしの状態で圧縮されるときに生じる横方向たわみ。
横方向力 コイルばねに作用する荷重のコイル軸との直交方向との分力。
よ  呼び寸法  部品などの規格値を代表する値又は寸法。
より線ばね

より線状の材料を用いたコイルばね。

>より線ばねの製造例

り  両絞り引張コイルばね  両端末を円錐形にして形成した引張コイルばね。
両振曲げ応力疲労限度  絶対値の等しい正負の曲げ応力が作用するときの疲労限界。
り  両端研削 

主として、圧縮コイルばねの端面を研削する加工。ばねの両端を端面研削する場合を両端研削という。

>押しばねの製造工程

リラクゼーション測定 応力緩和の指標として荷重の低下を測定すること。
り  リングゲージ  内径を精密に仕上げた環状の測定工具のことで、円の寸法を決定するために用いられる。
り  リン酸塩被膜処理 

リン酸塩及び可溶性リン酸塩を主体とする水溶性液で金属を処理し、その表面に不溶性リン酸塩被膜をつくる処理。塗装の下地、鍛造の潤滑、一時的防錆などに用いられ、亜鉛系、マンガン系、鉄系がある。

>ばねの化成処理

冷間圧延 

常温で圧延すること。薄板ばね用材料のほとんどがこの工法である。

>板ばねの材料

れ  冷間圧延鋼帯 

常温で圧延した鋼帯。

>板ばねの材料

れ  冷間加工  再結晶温度以下で加工硬化を伴う加工方法。
れ  冷間成形  常温で加工、成形すること。
れ  冷間成形圧縮コイルばね 

冷間で成形する圧縮コイルばね。

>押しばねの製品使用例

れ  冷間成形ばね 

ばねの成形方法による名称で冷間で成形するばね。狭義には、冷間成形圧縮コイルばね、冷間成形引張コイルばねなどをいう。

れ  冷間成形引張コイルばね 

冷間で成形する引張コイルばね。

>引きバネの製品使用例

れ  冷間引抜き 常温でダイスを通じて引抜加工をすることで、線材、鋼管、某国などの成形加工に用いられる。
冷間引抜鋼線 

常温でダイスを通じて引抜加工して伸線した線。硬鋼線、ピアノ線などがある。

>硬鋼線とピアノ線

れ  連続炉  加熱中に被加工物が挿入口から取出し口へ連続的に又は段階的に移動するような構造の炉。
炉  重油、灯油、ガス、電気などを熱源として熱処理や鍛造用材料を直接又は間接的に加熱する装置。
ろう付け  非鉄金属のろう材を溶融し、接合される部材を溶融しないで行う接合方法。
ろ  ロールきず  圧延又はロール矯正のときに生じる傷。
ロックウェル硬さ

ロックウェル硬さ試験機を用いて測定される硬さ。

>ばねの硬さ試験

>硬さ換算表

ろ  ロット  同一の条件で生産されたアイテムの数量。
ロット番号 単一の供給者から供給される特定のロットに与えられる識別番号。
わ  ワールの応力修正係数  ワールによって提唱された代表的なコイルばねの応力修正係数。Κ=(4c-1)/(4c-4)+0.615/cで表される。c:ばね指数 D/d
わ  ワイヤーガイド  コイリングマシンなどで線を成形部に送り出すときの、座屈防止及び正確な位置への搬送・供給のための案内装置又はプレート。
わ  ワイヤーフォーミング 

ばねの材料の種類による名称で、線状の材料を用いた各種形状のばね。

>線細工ばねの製品使用例

割れ 熱的又は機械的応力のために引き起こされる、局部的な破断によって生じる亀裂。

>ばね用語(辞典編)目次

 

>ばね用語(英語編)目次

 

>あ行 >か行 >さ行 >た行 >な行 >は行 >ま行

 

「いいね!」ボタンを押すと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

「いいね!」よろしくお願い致します!!

 

 

 

>YouTubeチャンネル【ばねの総合メーカー「フセハツ工業」】新着製造動画、更新中です!

 

 

 

■ばね用語に関連する項目

 

 >お問い合わせはこちらから

 

 >ばね用語(力学編)

 

 >ばね力学用語(1)-ばね定数とは

 

 >ばね力学用語(2)-弾性係数とは 

 

 >ばね製品の使用例

 

 >ばねの試作 1個でも・・・

 

 

 

 

モノづくりフェア2019.jpg

 

マリンメッセ福岡 2019年10月16日~18日

 

2019banner01_468.png

 

プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の公式スポンサーになりました!

 

大阪エヴェッサバナー.jpg           

 >ブログ「ばねとくらす」【プロバスケットボールチームの公式スポンサーになりました】

 

お問い合わせ TEL:06-6789-5531 FAX:06-6789-5536 お問い合わせフォーム

 

http://www.fusehatsu.co.jp/   

フセハツ工業.gif

 携帯電話からQRコードを読み取ってアクセスできます。

 

メールアドレスはこちら 

 

フセハツ工業メールアドレス