TOP > フセハツのばね技術 > ばね製品 ・材料の溶接について

   Facebook.png Twitter..png YouTube.png

ばね製品・材料の溶接について

ばね製品・材料の溶接のご相談を頂いておりますが、原則といたしまして、ばねの溶接は推奨しておりません。
ばねの材料は、ばねを製作するための合金鋼になっているため、ばねに溶接を行うと、熱影響によって溶接した部分が硬化し割れの原因になってしまいます。

溶接を行いたい場合には、必ず材料と溶接方法を最初に選定を行うことを推奨します。
また、溶接した部分に更に熱を加えて強度を出す方法もございますがこちらは要相談になります。

材質が鉄の場合は溶接が可能です。

当社製作事例はコチラ↓



>溶接リング φ3.0 材質:鉄


 ばね材溶接の事例

1.引張コイルばね(フック無し) 線径4mm×全長19.5㎝ 材質:SWPB の製作お問い合わせ

Q:フック無しの密着巻きのばねの両端にリングを溶接して引きバネにすることは可能か


A:溶接ののち、フック部分のリングが外れる可能性がございますので、フック付きの引きバネを製作するか、現在使用している密着巻きの両端1巻き目を立ててフックにすることをご提案しました。
※両端1巻き目を立てるのは全長が変化します。




2. 線加工品  線径3.5mm 材質 60C 亜鉛メッキあり




溶接ではなく「ロウ付け」という方法になりますが、熱を加えすぎたことにより接続部分が硬化し折れやすくなっています。







当社製品「ワイヤーリング」について



フセハツ工業では、自動車のマニュアルクラッチに使用される部品で「ワイヤーリング」を製作しております。

巻取り成形後に切り口をパッド溶接する製品ですが、ばねの材料は高炭素な鋼であるため溶接部が非常に折損しやすくなっています。そのため、溶接した後に更に熱を加える、「なまし」を行います。

>ワイヤーリングについて



 

■その他のばねの二次加工例

 

 

 >高級デスク用チェアースプリング

 

 >腰クリップ

 

 >ひょうたん型キーホルダー

 

 >おにぎり(ハンドグリップ)

 

 >ハンドグリップ

 

 >エキスパンダー

 

 >ベンダー

 

 >ペットボトルホルダー

 

 >剪定バサミ

 

 スクリーンショット 2021-01-18 140620.jpg



「いいね!」ボタンを押すと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

「いいね!」よろしくお願い致します!!

 

 

 

>YouTubeチャンネル【ばねの総合メーカー「フセハツ工業」】新着製造動画、更新中です!

 

 

 

■関連リンク

 

 >お問い合わせ

 

 >店頭でのご相談

 

 >ばね製品の使用例

 

 >ばねの試作 1個でも・・・

 

 >ばねの表面処理(メッキ・塗装など)

 

 >ばねの二次加工(組立・溶接など)

 

 >規格ばね(標準ばね) お急ぎなら・・・

 

 

 

 

 

プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の公式スポンサーになりました!

 

大阪エヴェッサバナー.jpg           

 >ブログ「ばねとくらす」【プロバスケットボールチームの公式スポンサーになりました】

 

お問い合わせ TEL:06-6789-5531 FAX:06-6789-5536 お問い合わせフォーム

 

http://www.fusehatsu.co.jp/   

フセハツ工業.gif

 携帯電話からQRコードを読み取ってアクセスできます。

 

メールアドレスはこちら 

 

フセハツ工業メールアドレス