TOP > フセハツのばね技術 > 耐疲労ばね

耐疲労ばね

耐疲労バネには、ばね用オイルテンパー線が用いられます。ばね用の硬鋼線やピアノ線のような鋼線に比べて耐疲労性がたいへん優れています。また、適切なショットピーニング処理を行うことにより、疲れ限度は約30%アップします。

 

一般的には、自動車のバルブスプリングや、サスペンションスプリング、クラッチスプリングなどに使用されます。

 

自動車関連ばかりでなく、小スペースで高応力が必要な場合や、従来のピアノ線ではすぐに折れてしまう場合などには、ばね用オイルテンパー線が有効です。

 

 

 

>ばね材料のJIS規格

 

>ばねの試作 1個でも・・・ 

 

>マルエージング鋼について

 

>お問い合わせはこちらから

 

  OT線 塗装.JPG

ばね用オイルテンパー線の種類

JISでは、下記の種類のバネ用オイルテンパー線があります。

 

1.一般ばね用オイルテンパー線

   ばね用炭素鋼オイルテンパー線(SWO-A,B)

   ばね用シリコンクロム鋼オイルテンパー線(SWOSC-B)

   ばね用シリコンマンガン鋼オイルテンパー線(SWOSM-A,B,C)

 

2.弁ばね用オイルテンパー線

  弁ばね用炭素鋼オイルテンパー線(SWO-V)

  弁ばね用クロムバナジウム鋼オイルテンパー線(SWOCV-V)

  弁ばね用シリコンクロム鋼オイルテンパー線(SWOSC-V)

 

さなざまな種類がありますが、現在一般的に使用されているのはシリコンクロム鋼オイルテンパー線(SWOSC)です。線径8mmまでなら、弁ばね用がおすすめです。

他の種類は生産や流通量が少なく入手しにくい場合があり、納期とコストは事前に確認する必要があります。

 

さらに高強度の弁ばね用オイルテンパー線としてSWOSC-VH(高炭素シリコンクロム鋼)やSWOSC-VHV(シリコンクロムバナジウム鋼)なども開発されています。

 

 

 

>ばね材料のJIS規格

 

>オイルテンパー線の種類と化学成分

 

>オイルテンパー線の線径と引張強さ

 

>ばねの試作 1個でも・・・

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

オイルテンパー線

オイルテンパー線.JPG
 SWOSC-V Φ6.5
 
 
 
 
 
 

ばね用オイルテンパー線の使用上の注意点

ばね用オイルテンパー線は優れたバネ材料ですが、弱点もあります。

 

①ばね用オイルテンパー線は、たいへん水素脆化しやすい材料です。 メッキや酸洗は絶対にしないでください。防錆対策として、一般的には塗装や黒染め、パーカー加工などをします。

 

②強い小さな曲げ加工、とくにバネ指数(中心径/線径)の小さなコイリングは硬鋼線・ピアノ線よりも苦手です。線径が太いバネ用オイルテンパー線は折損しやすいので、設計するときに注意が必要です。

 

 

 

>ばね材料のJIS規格

 

>ばね試作 1個でも・・・ 

 

SWOSC-V 線径4.0mm

OT線 曲げ加工.JPG
バイク用の圧縮コイルばねの使用例です。先端曲げ加工を行っています。

SWOSC-B 線径10mm

OT線 線径10mm.JPG
椅子用のロッキングバネ(ねじりばね)の使用例です。
 
 
 

ばねのショットピーニング

ショット処理ばね.JPG  

ショットピーニング処理は、ばねの疲れ強さを向上させ、ばねの寿命を伸ばします。

 

 

>ショットピーニング

 

>特殊ショットピーニング

 

>お問い合わせはこちらから

「いいね!」ボタンを押すと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

「いいね!」よろしくお願い致します!!

 

 

 

>YouTubeチャンネル【ばねの総合メーカー「フセハツ工業」】新着製造動画、更新中です!

 

 

 

■耐疲労ばねに関連する項目

 

 >ばね製品の使用例

 

 >ばねの試作 1個でも・・・

 

 >オイルテンパー線の種類と化学成分

 

 >オイルテンパー線の線径と引張強さ

 

 >マルエージング鋼について

 

 >耐疲労ステンレス鋼線について

 

 

 

 

 

 

新ものづくり・新サービス展2018.png

 インテックス大阪 2018年11月27日(火)~29日(木)

 

 

プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の公式スポンサーになりました!

 

大阪エヴェッサバナー.jpg           

 >ブログ「ばねとくらす」【プロバスケットボールチームの公式スポンサーになりました】

 

お問い合わせ TEL:06-6789-5531 FAX:06-6789-5536 お問い合わせフォーム

 

http://www.fusehatsu.co.jp/   

フセハツ工業.gif

 携帯電話からQRコードを読み取ってアクセスできます。

 

メールアドレスはこちら 

 

フセハツ工業メールアドレス