TOP > フセハツのばね技術 > 板ばねの材料

板ばねの材料について

 

板バネに使われる材料について、ご紹介いたします。

 

>ばねの試作 1個でも・・・

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

ばね用冷間圧延鋼帯

板ばねの製造に使われるJISのばね用冷間圧延鋼帯は、みがき特殊鋼帯(全部で38種類)のJIS規格の中からバネに適したものを8種類選び、さらにバネ用として必要な4種類の調質区分(A:焼きなまし R:そのまま H:焼入焼戻し B:オーステンパ)をそれぞれに設けて規格化したものです。

 

>ばね用圧延鋼帯の公差(許容差)

 

 

普通のみがき特殊鋼帯(「みがき」とは研磨しているという意味ではなく、冷間加工しているという意味)よりも厳しい規格となっています。

 

>みがき特殊鋼帯の種類と化学成分

 

>板ばねの材料の種類と化学成分

 

>板ばねの材料の硬さと熱処理

 

 

 

4種類ある調質の中でも、比較的よく使用されるのは、H:焼入鋼帯(リボン鋼)とB:ベイナイト鋼帯です。これらの材料は成形後に本格的な熱処理が必要でない点で共通しています。

 

 

焼入鋼帯(リボン鋼)

  ・板バネとして必要な強度は、素材の段階で既に備えている。

  ・強度は強いが、成形性に乏しい。

  ・抜き打ち加工のみや、軽い曲げ加工だけの板バネに適している。

  ・成形後はテンパー(低温焼きなまし)が必要。

  

 

ベイナイト鋼帯

  ・板バネとして必要な強度は、素材の段階で既に備えている。

  ・硬さは焼入鋼帯に劣る。

  ・靭性が優れており、焼入鋼帯よりも良好な曲げ加工性をもっている。

  ・成形後はテンパー(低温焼きなまし)が必要。

 

 

>リボン鋼とベイナイト鋼の曲げ加工性の比較

 

>ばね材料のJIS規格

 

>板ばね製品の使用例

 

>板ばねの材料の種類と化学成分

 

>板ばね材料の硬さと熱処理

 

>みがき特殊鋼帯の種類と化学成分

 

>ばねの試作 1個でも・・・

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

ばね用ステンレス鋼帯

板バネに使われるばね用ステンレス鋼帯は、ばね用冷間圧延鋼帯よりも耐食性・耐熱性・非磁性で優れています。

性質では銅合金系に劣りますが、コスト面で銅合金系よりも安価であるため、さまざまな分野の板バネの部品に多く用いられています。

 

>ばね用ステンレス鋼帯の公差(許容差)

 

 

JISのばね用ステンレス鋼帯は全部で5種類が定められていますが、比較的よく使用されるのはSUS304-CSPとSUS301-CSP です。

 

 

 

SUS304-CSP

 ・SUS301-CSPよりもニッケルとクロムの成分が多い。

 ・板バネに使われる最も一般的なバネ用ステンレス鋼帯である。

 ・強度は、1/2H・3/4H・Hの3種がある。

 

 

SUS301-CSP

 ・SUS304-CSPよりも炭素の成分が多い。

 ・同じ加工度でもSUS304-CSPよりも硬くなりやすい。

 ・強度は、1/2H・3/4H・H・EH・SEHの5種類がある。

 

 

>ばね材料のJIS規格

 

>板ばね製品の使用例

 

>板ばねの化学成分

 

>板ばねの硬さと熱処理

 

>ばねの試作 1個でも・・・

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

その他の薄板材料

>溶融亜鉛メッキ鋼板

 

 

「いいね!」ボタンを押すと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

「いいね!」よろしくお願い致します!!

 

 

 

>YouTubeチャンネル【ばねの総合メーカー「フセハツ工業」】新着製造動画、更新中です!

 

 

 

 

新ものづくり・新サービス展2018.png

 インテックス大阪 2018年11月27日(火)~29日(木)

 

 

プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の公式スポンサーになりました!

 

大阪エヴェッサバナー.jpg           

 >ブログ「ばねとくらす」【プロバスケットボールチームの公式スポンサーになりました】

 

お問い合わせ TEL:06-6789-5531 FAX:06-6789-5536 お問い合わせフォーム

 

http://www.fusehatsu.co.jp/   

フセハツ工業.gif

 携帯電話からQRコードを読み取ってアクセスできます。

 

メールアドレスはこちら 

 

フセハツ工業メールアドレス