TOP > フセハツのばね技術 > ばねの検査(測定)

   Facebook.png Twitter..png YouTube.png

ばねの検査(測定)

 ノギス、マイクロメータやバネ試験機を用いた測定だけでなく、お客さまのニーズに合わせて、専用の検査治具を社内で製作して測定を行っています。

 

 

 

>硬さ試験について

 

>ばね製品の使用例

 

>ばねの試作 1個でも…

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

投影機 

投影機.JPG
 
さまざまな専用検査治具
専用検査治具.JPG
 
ばね試験機
ばね試験機.JPG
 

 

>お問い合わせはこちらから

ばねの線径の測定

線径は、ノギスまたはマイクロメータを用いて測定します。

 

コイリング成形前は、材料メーカーから出される試験成績表(ミルシート)で線径の確認を行い、ノギスまたはマイクロメータで線径の確認を行います。

 

材料はコイリング機械のフィードローラーで加圧され送られて成形されます。そのときの加圧の加減によっては材料が真円から楕円に変形し、成形後に線径を測定してもJIS規格に入らないことがあります。

 

ばねのコイル径の測定

コイル径の測定は、一般的には外径を測定します。ばねのコイル部の内側に部品が入る場合には、内径を測定することもあります。測定器具はノギスを使用します。

 

また、外径または内径に相手方部品が入る場合は、お客さまと打合せを行い、専用の治具を用いて合否判定を行うこともあります。

 

ノギスは基本的にはコイル部の1点だけしか測定しませんので、コイル径全体にシビアな公差が必要な場合には、専用の検査治具を使用することをお薦めします。

 

ばねの自由長の測定

自由長はノギスまたはハイトゲージで測定を行います。ばね試験機を用いて自由長を精密に測定することもあります。

また、1mを超えるような長いバネはメジャーで測定を行います。

 

ばねのピッチの測定

ピッチは線の中心から中心をいい、直接に測定することはできません。隙間をノギスまたは隙間ゲージを用いて測定し、それに線径を加えてピッチとします。

 

 

>お問い合わせはこちらから

 

ばねの直角度(コイルの傾き)の測定

定盤の上にバネとスコヤ(直角定規)を載せ、その間の隙間を隙間ゲージで測定します。そのとき、バネを回転させながら最も隙間が大きくなるポイントを測定します。

 

また、精密に隙間を測定するときには投影機を使用します。

 

ばねの荷重の測定

専用のばね荷重試験機を用いて行います。ばねの大きさや形状に合わせて、さまざまな治具を併用して測定することもあります。

 

ばねの角度の測定

角度はプロトラクター(分度器)や投影機を用いて測定を行います。おもに、ねじりコイルばねの足の角度を測定します。

 

シビアな角度が必要な場合には、お客さまと打合せの上、専用の検査治具を自社で製作し、全数検査を行うこともあります。

 

 

>硬さ試験について

「いいね!」ボタンを押すと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

「いいね!」よろしくお願い致します!!

 

 

 

>YouTubeチャンネル【ばねの総合メーカー「フセハツ工業」】新着製造動画、更新中です!

 

 

 

■ばねの検査(測定)に関連する項目

 

 >ばね製品の使用例

 

 >ばねの公差(許容差)

 

 >ばねの製造設備

 

 >ばねの製造工程

 

 >ばねの試作 1個でも・・・

 

 >お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

関西機械要素技術展2019.gif

 

バネの総合メーカー「フセハツ工業」は関西機械要素技術展に出展します。

インテックス大阪 2019年10月2日(水)~4日(金)

 

 

モノづくりフェア2019.jpg

 

マリンメッセ福岡 2019年10月16日~18日

 

2019banner01_468.png

 

プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の公式スポンサーになりました!

 

大阪エヴェッサバナー.jpg           

 >ブログ「ばねとくらす」【プロバスケットボールチームの公式スポンサーになりました】

 

お問い合わせ TEL:06-6789-5531 FAX:06-6789-5536 お問い合わせフォーム

 

http://www.fusehatsu.co.jp/   

フセハツ工業.gif

 携帯電話からQRコードを読み取ってアクセスできます。

 

メールアドレスはこちら 

 

フセハツ工業メールアドレス