Facebook.png Twitter..png YouTube.png

爪切り用引きばね(引張りばね) 

爪切り用引きばねΦ1.0
 
爪切りばね.JPG
線径

Φ1.0

材質 SWC(硬鋼線80カーボン)
表面処理  
 
 爪切り用引きばねを製造しています。

ペット専用の爪切りに使用する引きばね(引張りばね)を製造しています。

 

爪切り用引きばねのフックの形状は、Uフックと側面丸フックの組み合わせになっています。通常の引きばねは、強度や成形のしやすさから逆丸フックを採用されることが多いです。

 

しかし、取り付けるばねのスペースや取り付け位置の関係で、その他の形状のフックが採用されることがあります。

 

Uフックの特徴はフック部の長さを調整できる点です。直線部分を取り付け位置に合わせて、長さを自由に設計できます。逆丸フックでは、コイル部からフックの取り付け位置は限定(コイル部内径寸法)されてしまいます。

 

側面丸フックは、ばねの側面に沿って取り付け位置がある場合に採用されます。逆丸フックではコイル部の中央に取り付け位置がないといけません。ばねを取り付けるスペースの関係で、側面丸フックが採用されています。

 

ただし、このフックは偏心荷重を受けるため、強度的に不利になり、他のフックの形状に比べて比較的折損の起きやすいフック形状といえます。

 

製造時のツールキズを極力少なくするとともに、通常の設計よりも余裕をもった荷重計算が求められます。

 

商品の企画やばねの試作のご相談から量産まで承ります。専属の営業担当者がお客さまの「ものづくり」をサポート致します。

 

どんなことでも、お気軽にご相談ください。

 

 

 

>引きばね製品の使用例

 

>引きばねの製造動画いろいろ

 

>ばねの製造設備

 

>ばねの試作 1個でも…

 

>店頭でのご相談

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

爪切り用引きばね

爪切りばね1.JPG
 
爪切り用引きばね
爪切りばね2.JPG
 
爪切り用引きばね
爪切りばね3.JPG
 

爪切りばね加工1

爪切りバネ加工1.JPG
 爪切り用引きばねを製造する機械を正面から見たところです。NCフォーミングマシンで成形します。
爪切りばね加工2
爪切りバネ加工2.JPG
 左下と右のツールでUフックの加工を行います。
爪切りばね加工3
爪切りバネ加工3.JPG
 次にフック成形の治具が後退し、本体のコイリングの加工を行います。

爪切りばね加工4

爪切りバネ加工4.JPG
 タッチ式センサーが左から出てきて、フック角度をチェックします。
爪切りばね加工5
爪切りバネ加工5.JPG
 次に正面の機械に垂直に接続したセカンドフォーマーによるフック加工工程に入ります。
爪切りばね加工6
爪切りバネ加工6.JPG
 セカンドフォーマーのチャック部です。これでバネを正面機械からつかんできます。引きばねの線径や外径に合わせて個別のチャックを製作します。

爪切りばね加工7

爪切りバネ加工7.JPG
 角度センサーが引っ込み、チャック部が始動します。チャックの製作は、お客さまの注文ごとに、自社の工作機械で全て内製化しています。
爪切りばね加工8
爪切りバネ加工8.JPG
 ひと巻きだけ残してばねをつかみ、セカンドフォーマーに装着します。
爪切りばね加工9
爪切りバネ加工9.JPG
 左右からフック加工の治具が作動して、側カンの加工を行います。

「いいね!」ボタンを押すと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

「いいね!」よろしくお願い致します!!

 

 

 

>YouTubeチャンネル【ばねの総合メーカー「フセハツ工業」】新着製造動画、更新中です!

 

 

 

■引張りばねに関連する項目

 

 >お問い合わせはこちら

 

 >店頭でのご相談

 

 >ばねの試作 1個でも・・・

 

 >ばねの表面処理(メッキ・塗装など)

 

 >ばねの二次加工 (組立・溶接など)

 

 >引きバネのフックについて

 

 >引きばねの公差(許容差)

 

 >規格ばね(標準ばね) お急ぎなら・・・

 

 >ばねの製品使用例

 

 >引きばね(引張りバネ)の製品使用例

 

 >引きばね(引張りバネ)の製造動画いろいろ

 

 >ばねの製造設備

 

 

 

 

プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の公式スポンサーになりました!

 

大阪エヴェッサバナー.jpg           

 >ブログ「ばねとくらす」【プロバスケットボールチームの公式スポンサーになりました】

 

お問い合わせ TEL:06-6789-5531 FAX:06-6789-5536 お問い合わせフォーム

 

http://www.fusehatsu.co.jp/   

フセハツ工業.gif

 携帯電話からQRコードを読み取ってアクセスできます。

 

メールアドレスはこちら 

 

フセハツ工業メールアドレス