<![CDATA[ばねとくらす]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/ Tue, 25 Jun 2024 18:29:35 +0900 Tue, 20 Feb 2024 14:50:38 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[東大阪市立長瀬中学校 バネ工場見学]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/02/20/145 バネ工場見学
東大阪市立長瀬中学校様

2024年2月14日、地元の東大阪市立長瀬中学校の生徒のみなさんがバネ工場見学に来られました。


東大阪市立長瀬中学校1.jpg


長瀬中学校は東大阪市の南端に位置し、八尾市と大阪市に隣接しています。

1965年に当時の布施市立第三中学校(現在の東大阪市立金岡中学校)から分離して開校しました。



1.東大阪市立長瀬中学校.jpg


学校教育目標は「心豊かに生き抜く生徒の育成」です。

生徒一人ひとりが「今日も学校に来てよかった!明日も学校に行きたい!」と心から言える学校になるよう取り組まれています。


東大阪市立長瀬中学校2.jpg


東大市立長瀬中学校は部活動も盛んです。

特にバスケットボール部が盛んで、過去2回の全国優勝があります。



2.長瀬中学校バスケ部.jpg


長瀬中学校の近くには長瀬川が流れています。長瀬川は農林水産省の「疎水百選」に選定されています。

長瀬川は古代より大和川の本流として水運が利用されてきました。



東大阪市立長瀬中学校3.jpg


江戸時代に大和川の付替工事があるまでは、当時の長瀬川は大和川と呼ばれ、川幅も200m以上ありました。現在の川幅は約5mほどです。



3.長瀬川.jpg


江戸時代以前の旧大和川(現 長瀬川)は大変な暴れ川で、定期的に大きな氾濫を起こしては地元地域に甚大な被害を及ぼしてきました。

豪商の川村瑞賢がこの問題に取組み土木工事を行いましたが失敗しています。


東大阪市立長瀬中学校4.jpg


この大和川の氾濫を根本的に解決するために、大和川付替工事に奔走した人物として中甚兵衛(1639~1730)が有名です。

中甚兵衛は江戸時代初期の農民で、東大阪市今米の庄屋の三男として生まれました。

50年近くに渡って、大和川付替工事を幕府に粘り強く嘆願し続け、実現させた人物です。


7.中甚兵衛.jpg


工事のときには、農民でありながら並み居る幕臣に交じって工事の指揮を行いました。

工事は用意周到な計画のもと、約8か月ほどで完了したとされています。


東大阪市立長瀬中学校5.jpg


晩年、中甚兵衛は浄土真宗本願寺派の大坂津村御坊(北御堂)で剃髪し、乗久と名乗りました。大和川氾濫で命を失った被害者を弔ったとされています。享年92歳。


東大阪市立長瀬中学校6.jpg


さて、大和川といえば、「日本一汚い川」として有名です。

その支流の長瀬川も一時は生活用水や工業用水などでかなり汚染されていましたが、自然保護のため流域の各所に水生植物の栽培や簡易式曝気施設が設けられました。

現在では川底が見えるくらい浄化され、さまざまな生き物が生息しています。


4.長瀬川生物1.jpg


3.1長瀬川生物.jpg



5.長瀬川生物2.jpg


6.長瀬川生物3.jpg


東大阪市立長瀬中学校7.jpg



>東大阪市立長瀬中学校


>中甚兵衛

>ばね工場見学のご案内

>お問い合わせはこちら]]>
Tue, 20 Feb 2024 14:50:38 +0900
<![CDATA[若松学園高稜高等学校 バネ工場見学]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/02/19/144 バネ工場見学
若松学園高稜高等学校様

2024年2月7日、若松学園高稜高等学校の生徒のみなさんがバネ工場見学に来られました。


若松学園高陵高等学校


高稜高等学校は、福岡県北九州市若松区にある私立学校です。

設立は1902年で120年以上の歴史があります。裁縫教習所として若松町に設立されたのが由来となります。

校訓は、「自主・創造・敬愛」です。社会に貢献できる心豊かで逞しい人財の育成を行っています。


1.若松学園高陵高等学校.jpg


高稜高校ではボランティア活動が積極的に行わています。全国表彰「日本善行賞」を二度受賞されています。

学校あげての校外清掃活動や、老人福祉施設での慰問茶会などのボランティア活動を行てっいます。


3.高陵高等学校ボランティア.jpg



高稜高校のある北九州市若松区は、響灘と洞海湾に囲まれた若松半島のほぼ全域に相当します。

若松地区は、かつて筑豊炭田で産出された石炭の積出港として栄えました。


4.昔の若松港.png



5.若松港.jpg


若松区には高塔山(124m)があります。高稜高等学校の校歌にも「匂う 緑の 高塔山」として歌詞にもなっています。


高塔山公園からの夜景は、「日本夜景遺産」に登録されています。


2.高塔山夜景.jpg



若松学園高陵高等学校





>若松学園高稜高等学校


>高塔山公園

>ばね工場見学のご案内


>お問い合わせはこちら]]>
Mon, 19 Feb 2024 15:22:06 +0900
<![CDATA[東大阪市立孔舎衙中学校 バネ工場見学]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/02/16/143 バネ工場見学
東大阪市立孔舎衙中学校様

2024年2月2日、地元の東大阪市立孔舎衙中学校の生徒のみなさんがバネ工場見学に来られました。


東大阪市孔舎衙中学校1.jpg


孔舎衙中学校は1980年に開校しました。

くさか三か条として、「時間 あいさつ 思いやり」をスローガンに掲げ、当たり前のことは当たり前にできる子の育成を目指しています。



1.孔舎衙中学校.jpg



孔舎衙は「くさか」と読みます。読み方が難しい…


東大阪市孔舎衙中学校2.jpg


孔舎衙は、日本書紀に出てくる神武天皇の東征伝説にある「孔舎衛坂(くさえざか)」が近くにあったことが由来になっているそうです。

「孔舎衙」は「衙」で、「孔舎衛」は「衛」で漢字が違うのは、日本書紀のほうが誤植であるという説が有力です。

しかし、日本書紀に誤りがあるのは畏れ多いということで、「くさえ」という地名はないのですが、公式には孔舎衛坂は「衛(え)」になっています。




東大阪市孔舎衙中学校3.jpg


日本書紀によると、「孔舎衛坂の戦い」で神武天皇は地元勢力に歴史的な大敗を喫します。

神武天皇の兄も戦死し、大阪から生駒山を越えて最短で大和に入ることをついに断念します。

この後、神武天皇の東征軍は体制を立て直し、紀伊半島の熊野方面から大迂回して大和を目指すことになります。



東大阪市孔舎衙中学校4.jpg


かつて、近鉄奈良線の石切駅と生駒駅の間に「孔舎衛坂駅」がありました。

1964年に新生駒トンネルができて廃駅となりました。


2.孔舎衛駅.jpg



3.孔舎衛坂駅.jpg

今でも孔舎衛坂駅跡は残っています。


石切駅から生駒駅方面に歩いて、石切観音の参道沿いに駅跡があります。



4.孔舎衛坂駅.jpg




孔舎衛坂駅は1914年の開業です。同年、近くに日下遊園地も開業しました。


1926年に「あやめ池遊園地」、1929年に「生駒山上遊園地」が開業すると、客足が遠のき廃園となりました。


東大阪市孔舎衙中学校5.jpg


当時の日下遊園地には、乗馬クラブや貸ボート、ミニ動物園、温泉、料理旅館、少女歌劇団などがあり、小さいながらも盛況な遊園地だったようです。

遊園地が廃業した後は、孔舎衙健康道場として結核患者の療養所が建てられました。


5.孔舎衙健康道場.jpg


太宰治の小説『パンドラの匣(はこ)』のモデルなった場所です。


6.パンドラの匣.jpg

現在、日下遊園地跡はパンドラの丘として地元有志によって公園として整備されています。

生駒山の「くさかハイキングコース」の登山口付近にあります。


7.日下新池.jpg




8.パンドラの丘.jpeg


東大阪市孔舎衙中学校6.jpg



>東大阪市立孔舎衙中学校


>パンドラの丘

>ばね工場見学のご案内

>お問い合わせはこちら

]]>
Fri, 16 Feb 2024 16:19:32 +0900
<![CDATA[沖縄県立那覇国際高等学校 バネ工場見学]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/02/15/142 バネ工場見学
沖縄県立那覇国際高等学校

2023年12月18日、沖縄県立那覇国際高等学校の生徒のみなさんがバネ工場見学に来られました。



那覇国際高等学校1.jpg



沖縄県立那覇国際高等学校は1998年に開校しました。


学是は「右文尚武」です。「ゆうぶんしょうぶ」と読み、「右文」とは学業を尊ぶこと、「尚武」とは部活動にも励むという意味です。

校訓は「自主・敬愛・飛躍」です。



1.那覇国際高等学校.jpg


同校は2016年に文部科学省からスーパーグローバルハイスクールに指定されました。

スーパーグローバルハイスクールは、語学力だけでなく、社会課題に対する関心や教養、コミュニケーション能力、問題解決能力などを身に付けたグローバルリーダーの育成を目的としています。



那覇国際高等学校2.jpg



沖縄県立那覇国際高等学校は、那覇新都心の中央に位置し、この地区で最も早く建設された施設でもあります。


最寄り駅は、沖縄モノレールの「おもろまち駅」です。「おもろまち」は一般公募の中から選ばれた地名です。


那覇国際高等学校3.jpg


「おもろまち」とは面白い町という意味ではなく、沖縄地方の方言の「おもろ = 思い」が由来となっています。

沖縄戦の悲劇を忘れず、平和に暮らしたいという市民の切なる思いが込めれた地名です。



2.おもろまち駅.jpg


那覇国際高等学校が立地する那覇新都心は、1953年に米軍によって強制収容され(いわゆる「銃剣とブルドーザー」)、のち1987年に全面返還が実現された土地です。


那覇国際高等学校4.jpg


かつて「おもろまち駅」付近では、第二次世界大戦の沖縄戦「シュガーローフの戦い」がありました。

シュガーローフとは、アメリカ南部地方の菓子パンをいいます。

アメリカ軍が名付けたシュガーローフの丘は、地元沖縄では慶良間チージ(キラマチージ)と呼ばれています。日本軍は安里五二高地と呼称しました。



3.シュガーローフ.jpg



シュガーローフの戦いは「地獄の7日間」といわれ、沖縄戦の中でも最激戦地でした。

アメリカ軍では、死傷者以外にも多くの兵が精神異常をきたし戦線を離脱したそうです。


4.シュガーローフ.jpg

シュガーローフは大部分が開発されましたが一部残されており、碑が立っています。


5.現在のシュガーローフ.jpg


6.シュガーローフの碑.jpg

那覇国際高等学校5.jpg

アメリカ軍から返還された土地は、那覇新都心として再開発され、大型ショッピングセンターや運動公園、そして那覇国際高等学校が整備され、沖縄で最も高い高層ビルも建っています。

6.那覇新都心.jpg


那覇国際高等学校6.jpg





>沖縄県立那覇国際高等学校


>シュガーローフの戦い

>ばね工場見学のご案内

>お問い合わせはこちら

]]>
Thu, 15 Feb 2024 15:43:17 +0900
<![CDATA[広島市立戸坂中学校 バネ工場見学]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/02/14/141 バネ工場見学
広島市立戸坂中学校

2023年12月6日、広島市立戸坂(へさか)中学校の生徒のみなさんが、バネ工場見学に来られました。


広島市立戸坂中学校2.jpg




広島市立戸坂中学校は広島市東区にある中学校です。


1.広島市立戸坂中学校.jpg



広島市立戸坂中学校2.jpg


1972年に広島市立牛田中学校から分離して設立されました。


2.広島市立戸坂中学.jpg




広島市立戸坂中学校4.jpg


戸坂中学校のすぐ近くには牛田山(261.1m)や松笠山(374.3m)があります。


広島市立戸坂中学校5.jpg


牛田山の山頂には、戦国時代に在地の国人だった戸坂氏の居城戸坂城がありました。



3.戸坂城.jpg

広島市立戸坂中学校6.jpg

また、牛田山の山頂付近には弥生時代後期の土器や鉄器・銅器が多数出土しており、倭国大乱のときの軍事施設があったと推定されています。


4.牛田山.jpg


広島市立戸坂中学校7.jpg


倭国大乱は、日本史上初の大規模な内戦です。


広島市立戸坂中学校8.jpg



魏志倭人伝によると、卑弥呼という一女子を王として共立することで、ようやく長年にわたる内戦が終結したとされています。


広島市立戸坂中学校9.jpg


今では、戸坂中学校の周りには、様々なハイキングコースが整備され市民に親しまれています。


5.戸坂ハイキングコース.jpg



広島市立戸坂中学校10.jpg




>広島市立戸坂(へさか)中学校


>広島市ハイキングコースの紹介

>ばね工場見学のご案内

>お問い合わせはこちら



]]>
Wed, 14 Feb 2024 16:10:05 +0900
<![CDATA[「こーばへ行こう!2023」フォトブック]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/02/01/140 「こーばへ行こう!2023」フォトブック


2023年11月17日(金)にオープンファクトリー「こーばへ行こ!2023」の「ばね工場ガイド―ツアー」を開催致しました。

フセハツ工業は完全予約制で1日2回の開催でした。いろいろな方にばね工場を知っていただくよい機会になりました。

当日の見学会の写真で、記念のフォトブックができあがりました。



こーばへ行こう!2023





こーばへ行こう!2023




こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



こーばへ行こう!2023



>こーばへ行こう!2023


>ばね工場見学のご案内


>お問い合わせはこちら

 

 

 

 

]]>
Thu, 01 Feb 2024 14:13:31 +0900
<![CDATA[東大阪市立縄手中学校 文化祭に参加]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/01/24/139 東大阪市立縄手中学校 文化祭に参加
「こーばへ行こう」で夢をつかめ!



2023年11月2日、東大阪市立縄手中学校の文化祭がありました。

中学1年生は、『「こーばへ行こう」で夢をつかめ!』という発表会を行いました。


東大阪市立縄手中学校 文化祭


『「こーばへ行こう」で夢をつかめ』は、地域の町工場を取材した生徒たちが、見学したことを新聞と劇で発表するイベントです。



東大阪市立縄手中学校 文化祭


フセハツ工業も取材先に選ばれ、縄手中学校の生徒さんたちから取材を受け協力しました。


縄手中学校パンフ1.jpg


東大阪市立縄手中学校の校訓は、「責任を果たせ 人に迷惑をかけるな」です。
教育目標は、「確かな学力 豊かな心 体力の向上」です。



縄手中学校パンフ2.jpg



東大阪市では2019年から小中一貫教育が本格的に実施されました。



縄手中学校区の「上四条小学校・縄手小学校・縄手中学校」の三校は、ともに「四條の風学園」という愛称で、一体となって連携・協力して子どもたちの成長を育んでいます。



縄手中学校文化祭0.jpg





>東大阪市立縄手中学校


>ばね工場見学のご案内

>お問い合わせはこちら]]>
Wed, 24 Jan 2024 11:26:35 +0900
<![CDATA[埼玉県立熊谷工業高等学校 ばね工場見学]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/01/22/138 ばね工場見学
埼玉県立熊谷工業高等学校様


2023年11月21日、埼玉県立熊谷工業高等学校の生徒のみなさんが、ばね工場見学に来られました。



埼玉県立熊谷工業高等学校1.jpg


熊谷工業高等学校は、1966年(昭和41年)に埼玉県立熊谷商工高等学校から分離独立して開校しました。

教育目標は、「育んだ心、深めた知識、学んだ技術を総合し、社会貢献できるスペシャリストの育成」を目指しています。



1.埼玉県立熊谷工業高等学校.jpg



熊谷工業高等学校は、半世紀以上にわたって今日の「ものづくり創造立国 日本」の礎となる有為な人財を多数輩出し、産業界において高く評価されています。



埼玉県立熊谷工業高等学校2.jpg


熊谷工業高等学校のある熊谷市は、埼玉県北部に位置し、人口約20万人の都市です。

埼玉県の北部地域で最も多い人口を誇り、北部経済の一大拠点です。


埼玉県立熊谷工業高等学校3.jpg


埼玉県熊谷市は、夏の気温の高さで全国的に知られています。

特に1990年代以降は、「あついぞ!熊谷」としてメディアに取り上げられる頻度が高くなりました。

2018年7月23日には、熊谷市では最高気温41.1℃を観測し、日本観測史上1位の記録となっています。


2.暑いぞ熊谷.jpg


また、熊谷市は「スポーツ熱中都市」宣言を行っています。

熊谷スポーツ文化公園にはラグビー場が設置され、「ラグビータウン 熊谷」をうたっています。



3.熊谷ラグビー場.jpg


弊社のある東大阪市も「ラグビーのまち 東大阪市」としてPRしています。

東大阪市の花園ラグビー場は(日本最初のラグビー専用グラウンド)は、全国高等学校ラグビーフットボール大会の会場となっています。



3.熊谷ラグビー場.jpg



2019年の「ラグビーワールドカップ」では、熊谷市も東大阪市もともに開催都市に選定されました。



4.ラグビーワールドカップ2019熊谷.jpg



熊谷工業高等学校にはラグビー部があります。

全国大会優勝1回、準優勝1回、ベスト4が3回、ベスト8が2回という、素晴らしい実績を持っています。



5.熊谷工業 ラグビー部.jpg


熊谷工業高等学校ラグビー部のモットーは「挑戦する者だけにチャンスはある」です。

「練習の苦しさや、厳しさに耐えた者だけが本当の喜びや自身を勝ち取ることができる」としています。



埼玉県立熊谷工業高等学校5.jpg




>埼玉県立熊谷高等学校


>熊谷スポーツ文化公園 ラグビー場

>ばね工場見学のご案内

>お問い合わせはこちら]]>
Mon, 22 Jan 2024 16:05:35 +0900
<![CDATA[広島市五日市商工会 ばね工場見学]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/01/19/137 ばね工場見学
広島市五日市商工会様


2023年11月10日、広島市の五日市商会 工業部会の皆さまがバネ工場見学に来られました。

五日市商工会は広島市佐伯区にあります。佐伯区は、1985年に旧五日市町が広島市に編集されて誕生しました。

旧五日市町は広島市のベットタウンとして発展し、かつては日本一人口の多い町でした。主な産業は、一般機械・窯業・土石が盛んです。



ご参加企業

広島電工株式会社

有限会社脇田鉄工

信友金属株式会社

株式会社T.S.K

アクト経営労務サポート




五日市商工会1.jpg


五日市商工会2.jpg


五日市商工会3.jpg


五日市商工会4.jpg


五日市商工会5.jpg


五日市商工会6.jpg


五日市商工会7.jpg


五日市商工会8.jpg





>五日市商工会

>ばね工場見学のご案内

>お問い合わせはこちら]]>
Fri, 19 Jan 2024 16:08:48 +0900
<![CDATA[大阪電機協同組合様 バネ工場見学]]> https://www.fusehatsu.co.jp/blog/2024/01/18/136 バネ工場見学
大阪電機協同組合様

2023年11月2日、大阪電機協同組合様がバネ工場見学に来られました。

大阪電機協同組合様は、大阪のモーター(電動機)関連会社の団体です。


ご参加企業

株式会社Amaden

奥村電機株式会社

株式会社サンセイテクノス

ダイコク電機株式会社

有限会社高橋電機工業所

株式会社CDK

寺田電材株式会社

トウバンテクノ株式会社

株式会社トライマシンテクノス

株式会社豊電機工業所

株式会社TOWATECHNO

京都電機工業協同組合




大阪電機協同組合1.jpg


大阪電機協同組合2.jpg


大阪電機協同組合3.jpg

大阪電機協同組合4.jpg


大阪電機協同組合5.jpg


大阪電機協同組合6.jpg


>ばね工場見学のご案内

>お問い合わせはこちら






]]>
Thu, 18 Jan 2024 13:55:58 +0900