TOP > フセハツのばね技術 > 板ばねの材料 > みがき特殊鋼帯の硬さ

   Facebook.png Twitter..png YouTube.png

みがき特殊鋼帯の硬さ

 

みがき特殊鋼帯の硬さの規格の一覧表です。

 

板ばね材料の硬さの単位 HVについて

HVはビッカース硬さの単位です。ビッカース硬さの値の求め方は、まずピラミッド型をした正四角錐のダイヤモンドを金属に押し付け、へこみの対角線の平均値から表面積を算出します。次に、試験で押し付けた荷重値を、先に算出しておいた表面積で割った値をビッカース硬さ(HV)とします(荷重/表面積)。

 

 

 

>ばねの硬さと引張強さ

 

>硬さ試験について

 

>ばね材料のJIS規格

 

>板ばねの製品の使用例

 

>板ばねの材料の種類と化学成分

 

>板ばねの材料の硬さと熱処理

 

>ばねの試作 1個でも・・・

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

 

みがき特殊鋼帯の硬さの規格

みがき特殊鋼帯の硬さは「JIS G 3311  みがき特殊鋼帯」に規格化されています。調質区分ごとの「硬さ」は次のようになります。

 

炭素鋼

単位はHV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
炭素鋼 S30CM  160以下 160~230 
炭素鋼 S35CM  170以下 170~250 
炭素鋼 S45CM  170以下 170~250 
炭素鋼 S50CM  180以下 180~270 
炭素鋼

S55CM 

180以下 180~270 
炭素鋼 S60CM  190以下 190~280 
炭素鋼 S65CM  190以下 190~280 
炭素鋼 S70CM  190以下 190~280
炭素鋼 S75CM 200以下

200~290

 

 

炭素工具鋼

単位HV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
炭素工具鋼

SK120M(SK2)

180以下 220~310
炭素工具鋼 SK105M(SK3) 190以下 220~310
炭素工具鋼 SK95M(SK4) 190以下 210~300
炭素工具鋼 SK85(SK5) 190以下 200~290
炭素工具鋼 SK75(SK6) 190以下 190~280
炭素工具鋼 SK65(SK7) 200以下 190~280

 

 

合金工具鋼

単位HV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
合金工具鋼

SKS2M

230以下 230~320
合金工具鋼 SKS5M 200以下 200~290
合金工具鋼 SKS51M 200以下 200~290
合金工具鋼 SKS7M 250以下 250~340
合金工具鋼 SKS95M 200以下 200~290

 

 

クロム鋼

単位HV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
クロム鋼 SCr420M 180以下 180~270
クロム鋼 SCr435M 190以下 190~270
クロム鋼 SCr440M 200以下 200~290

 

 

ニッケルクロム鋼

単位HV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
ニッケルクロム鋼 SNC415M 170以下 170~240
ニッケルクロム鋼

SNC631M

180以下 180~240
ニッケルクロム鋼 SNS836M 190以下 190~250

 

 

ニッケルクロムモリブデン鋼

単位HV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
ニッケルクロムモリブデン鋼 SNCM220M 180以下 180~240
ニッケルクロムモリブデン鋼 SNCM415M 170以下 170~240

 

 

クロムモリブデン鋼

単位HV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
クロムモリブデン鋼 SCM415M 170以下 170~240
クロムモリブデン鋼 SCM430M 180以下 180~250
クロムモリブデン鋼 SCM435M 190以下 190~270
クロムモリブデン鋼 SCM440M 200以下 200~280

 

 

ばね鋼

単位HV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
ばね鋼 SUP6M 210以下 210~310
ばね鋼 SUP9M 200以下 200~290
ばね鋼 SUP10M 200以下 200~290

 

 

マンガン鋼

単位HV

区分 記号 焼きなまし 冷間圧延
マンガン鋼 SMn438M 200以下 200~290
マンガン鋼 SMn443M 200以下 200~290

 

 

>ばねの硬さと引張強さについて

 

>硬さ試験について

 

>硬さと引張強さの換算表  

 

>ばね材料のJIS規格

 

>板ばね製品の使用例

 

>板ばねの材料の種類と化学成分

 

>板ばねの材料の硬さと熱処理

 

>みがき特殊鋼帯の種類と化学成分

 

>ばねの試作 1個でも・・・

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

ばね用ステンレス鋼帯の硬さの規格

ばね用ステンレス鋼帯の硬さは「JIS G 4313 ばね用ステンレス鋼帯」に規格化されています。ばね用ステンレス鋼帯の調質区分ごとの硬さは次のようになります。ステンレス鋼帯の種類は、オーステナイト系、マルテンサイト径、析出硬化系の3つに区分されます。

 

オーステナイト系ステンレス鋼帯

 

オーステナイト系ステンレス鋼帯の「硬さ」の規格は次のようになります。

単位HV 

  1/2H 3/4H H EH SEH
SUS301-CSP

310以上

V曲げ厚さの2倍以下

370以上

V曲げ厚さの2.5倍以下

430以上 490以上 530以上
SUS304-CSP

250以上

V曲げ厚さの2倍以下

310以上

V曲げ厚さの2.5倍以下

370以上

 オーステナイト系ステンレス鋼帯の「引張強さ」の規格は次のようになります。

 単位N/mm2

  1/2H  3/4H  H EH  SEH 
SUS301-CSP 930以上  1130以上  1320以上  1570以上   1740以上
SUS304-CSP  780以上 930以上  1130以上  ―  ― 

 

 

マルテンサイト系ステンレス鋼帯

 

マルテンサイト系ステンレス鋼帯は調質Oの1種類だけで、「硬さ」は次のようになります。

単位HV

 

O

SUS420J2-CSP

247以下

 マルテンサイト系ステンレス鋼帯の「引張強さ」の規格は次のようになります。

単位N/mm2

  O
 SUS420J2-CSP 540~740

焼きなましは800~900℃徐冷又は750℃急冷を行います。

焼入れ温度は920~980℃油冷で、焼戻しは600~750℃急冷を行います。

 

 

 

析出硬化系ステンレス鋼帯

 

析出硬化系ステンレス鋼帯の「硬さ」の規格は次のようになります。析出硬化処理の前後について規格がなされています。

単位HV

  1/2H 3/4H H

SUS631-CSP

(析出硬化熱処理前)

200以下

V曲げ厚さの2倍以下

350以上

V曲げ厚さの1.5倍以下

400以上 450以上

SUS631-CSP

(析出硬化熱処理後)

345以上(TH1050)

392以上(RH950)

380以上(CH) 450以上(CH) 530以上(CH)

SUS632J1-CSP

(析出硬化処理前)

350以下 420以下

SUS632J1-CSP

(析出硬化熱処理後)

400以上(CH) 480以上(CH)

熱処理記号:TH1050

固溶化熱処理後、760±15℃に90分保持し、1時間以内に15℃以下に冷却し30分保持します。その後、565±10℃で90分保持して、空冷します。

 

熱処理記号:RH950

固溶化熱処理後、955±10℃に10分保持し、室温まで空冷し24時間以内に-73±6℃に8時間保持します。その後、510℃±10℃に60分保持して空冷します。

 

熱処理記号:CH

475±10℃で1時間保持後、空冷します。

 

固溶化熱処理

鉄鋼を十分に加熱して合金成分を固体に溶け込ませ、析出物を出さないように急冷する熱処理をいいます。析出硬化処理の前処理として行われます。SUS631の調質0の場合、1000~1100℃急冷します。

一般的には、硬度を高めたり、加工・溶接などによって生じた内部応力の除去や、劣化した耐食性の向上を目的として行います。

 

析出硬化熱処理

ステンレス鋼に炭窒化物を細かく析出させて金属結晶の転位を妨害することにより材料を強化する熱処理方法です。固溶化熱処理の後、時効硬化を人工的に行います。

時効とは、金属の材料特性が時間の経過とともに変化することをいいます。常温で変化していく場合は「常温時効」または「自然時効」といいます。常温以上の高温で変化が進んでいく場合を「人工時効」または「焼戻し時効」といいます。

 

 

析出硬化系ステンレス鋼帯の「引張強さ」は次のようになります。

単位N/mm2

  1/2H 3/4H H
SUS631-CSP 1030以下 1080以上 1180以上 1420以上
SUS632J1-CSP   1200以下 1450以下  

 

 

>ばねの硬さと引張強さ

 

>硬さ試験について

 

>硬さと引張強さの換算表 

 

>ばね材料のJIS規格

 

>板ばね製品の使用例

 

>板ばねの化学成分

 

>板ばねの硬さと熱処理

 

>ばねの試作 1個でも・・・

 

>お問い合わせはこちらから

 

 

 

「いいね!」ボタンを押すと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

「いいね!」よろしくお願い致します!!

 

 

 

>YouTubeチャンネル【ばねの総合メーカー「フセハツ工業」】新着製造動画、更新中です!

 

 

 

■板ばね関連する項目 

 

 >板ばねの製品の使用例

 

 >板ばねの公差(許容差)

 

 >ばねの試作 1個でも・・・

 

 >お問い合わせはこちらから

 

 

 

関西機械要素技術展2019.gif

 

バネの総合メーカー「フセハツ工業」は関西機械要素技術展に出展します。

インテックス大阪 2019年10月2日(水)~4日(金)

 

 

モノづくりフェア2019.jpg

 

マリンメッセ福岡 2019年10月16日~18日

 

2019banner01_468.png

 

プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の公式スポンサーになりました!

 

大阪エヴェッサバナー.jpg           

 >ブログ「ばねとくらす」【プロバスケットボールチームの公式スポンサーになりました】

 

お問い合わせ TEL:06-6789-5531 FAX:06-6789-5536 お問い合わせフォーム

 

http://www.fusehatsu.co.jp/   

フセハツ工業.gif

 携帯電話からQRコードを読み取ってアクセスできます。

 

メールアドレスはこちら 

 

フセハツ工業メールアドレス