TOP > ばねとくらす > 日刊工業新聞「ちょっと訪問」に掲載されました
2018/04/12

日刊工業新聞「ちょっと訪問」に掲載されました

吉村篤
ばねとくらす

Facebook.png Twitter..png YouTube.png

日刊工業新聞

ちょっと訪問

 

2018年4月4日・水曜日

フセハツ工業 バネ内製比率100%目指す

 

 

フセハツ工業は自動車や医療機器、洗濯ばさみなど、あらゆる業界のバネを年間1万種以上手がける。

1個の試作から量産まで対応し、車のクラッチ向け特殊バネでは年間500万個を作る。

バネ鋼は溶接が難しい。

最適な通電量は押し圧力を気温などに応じて調節。

自社製治具も駆使し、100分の1ミリメートルの加工精度を実現する丈夫なバネを作る。

吉村篤社長は「これができるのも50年以上の熟練工がいるおかげ」と胸を張る。

外注を依頼する“横請け“の減少が課題だ。

設備更新や廃業先の機会を譲り受けるなどして対応する。

吉村社長は「自動車向けバネの内製比率は現在75%から5年後に100%を目指す」と生産力に磨きをかける。

(東大阪)

 

 

日刊工業新聞

 

 

▽所在地 大阪府東大阪市西堤本通西1の3の43、06-6789-5531

 

>日刊工業新聞 電子版「フセハツ工業 ちょっと訪問」

 

>東大阪新聞 掲載記事「バネを作って72年」

 

>旬間ばね新聞 掲載記事「シリーズ ばね関連企業の地域・社会貢献」

 

>産経新聞に「全面カラー広告」を出しました。

 

>週刊「サンデー毎日」【連載 会社の流儀】に掲載されました。

 

Facebookで更新情報をチェック!

コメント